20100411_1188526.jpg

20160629_2119199.jpg

 

 

政治活動には参加しない

 

 

どれほど誠意をもって行動しても

真実を語っても

所詮、自分は”いろもの”

 

 

 

「選挙に行こう!」とも言わない

 

変わらないとは思わないけど

変わったとも思えない

 

 

 

 

 

「もっと酷くなるから!選挙に行こう!!」

 

 

 

 

もっと酷くなったとしてもその世界を生きよう

 

どの世界?

 

 

 

自分の世界を

 

自分の世界を生きる

 

 

 

自民党の人達の好きな世界

 

創価学会の人達が望む世界

 

バラバラな野党に希望の光が差し込み

ますます解体させられた野党の批判する世界

 

いい加減名前変えたらって思う共産党の世界

 

フェスの仕込みしてたらミサイルが飛んで来たってアラームが一斉になる世界

 

「対話」よりも「圧力を!」っていう世界

 

原発事故の終わらない世界‥‥

 

それぞれの世界

 

 

髪が長く入れ墨が多く角なんか耳に入れてる

自分の

自分の世界はどこだ

 

 

 

政治活動には加わらない

 

 

 

被災地には通い続ける

 

こんな自分が来ることを喜んで待ってくれている人達がいるから

 

 

 

 

立憲民主党に投票することにした

 

どうせダメだろうと思いつつも

早めに済ませよう

 

 

どうせダメだろうと思っていても

誰もいないと思っていても

 

今の世界が消していいとは思わないから

選挙に行ってこよう

 

 

立憲民主党の作ろうとしている世界をたいして知らないのに投票する自分もどうかしている

 

政治も選挙も何かおかしい

 

自分の中の現実に繋がらない

 

 

 

早くまた熊本に戻りたい

 

月命日の福島でみんなと逢いたい

 

原発がなくなったらいいなあと思う

 

福島の事故した原発が安全になったらいいなあと思う

 

たくさんの放射能が

除染されたらいいなあと思う

 

風評被害がなくなったらいいなあと思う

 

核兵器が

戦争が

テロがなくなったらいいなあと思う

 

この日本が

どこよりも

「平和」を作る国であれたらと願っている

 

それぞれの「平和」はちがうかもしれない

 

それでも

「圧倒的に平和な国ニッポン!!」を願っている

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| - | 2017.10.20 Friday 01:12 | trackbacks(0) | pookmark | author : Candle JUNE |

 

 

311震災以降

福島の避難所で出会ったおばあちゃん、おじいちゃんたちとお米づくりを始めた

 

物資を渡すたびに頭を下げ、「ありがとうございます!」

と言われることが辛く

 

みなさんのもっとも得意なお米づくりや山菜採りを教えてもらい

こちらが、「ありがとうございます!」

を言えるようにしよう

 

そんなことからスタートした

 

6年目となると

これまで出会って来た福島各地の家族が参加してくれたり

東京や新潟、そして宮城からも参加してくれる賑やかなものとなって来た

 

 

 

みんな大家族のように

再会を喜び合い

田んぼのことを

おじいちゃんたちは孫や、ひ孫くらいの年齢の子供達に教え

それぞれが助け合い

そして喜びあって1日を過ごす

 

 

 

 

かつては稲刈りや田植えの季節になると

親戚一同が集まり各々の田んぼの仕事を手伝っていた

 

今では

機械化も進み核家族化も進み

それぞれの事情からも

それほど集まらなくなって来ているだろう

 

 

 

 

「家族のように」

 

これがとても気に入っている

 

本当の家族だったとしたら

それぞれがもっとわがままを言って見たり

そもそも参加しなかったり

うまくいかないこともあるだろう

 

 

 

「家族」だから当たり前

 

「家族」のために

 

「家族」という最小単位の社会では

それぞれの「家族」に独自のルールがある

 

それこそ

独裁政治の国があったり

超個人主義の国もあったりする

それは差別ではないか?

犯罪に近いようなことも、、、

 

社会のために活動しているから

「家族」をないがしろに、、、

 

きっとみんなそれぞれに大変なんだろう

 

 

 

でも

このお米づくりで集う1日は

月命日の1日とも違い

年長者は教えることが多く

女性たちはご飯の準備をしたり

子供達は虫を捕まえて遊んだり

限りなく

自然な家族構成となる

 

みんながお互いを気遣い

思いやりを持ち

自然と接し

 

そして

みんなの食べ物をみんなで作る

 

 

言いたいことを我慢して

 

やりたくないのに無理をして

 

もしかしたらそれぞれに思うこともあるかもしれない

 

偽物の家族かもしれないけれど

それでも

一日中みんなの笑い声が聞こえ

そして出来上がったお米を食べる時も

みんなで喜びあって

そして何より

美味しくいただくことができる

 

偽物かもしれないけれど

「平和」っていうものを実感する

 

田植えの時も稲刈りも

収穫祭の時も「平和」な時を実感する

 

津波のことや地震、原発のこと

放射能や風評被害がどうでもいい訳ではないけれど

 

ずっと意識していることは

「絆」って言葉

 

「絆」ってそもそもなんなんだろうか

普段は使わないが

災害が発生した時だけ登場する言葉

 

なんのための「絆」なのか

ずっと気になっている

 

wikipediaで調べると

ーーーーーーーーーーーーーーーー

きずなきづな)は、本来は、犬・馬・鷹などの家畜を、通りがかりの立木につないでおくための

しがらみ呪縛束縛の意味に使われていた。「ほだし」、「ほだす」ともいう。

人と人との結びつき、支え合いや助け合いを指すようになったのは、比較的最近である。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

なんだか自分にとっては「家族」って縛りと近いようにも感じる

 

被災当時

みんなが絆!絆って叫んでいたことも

偽物っぽくて滑稽に思えるけど

 

偽物っぽい「大家族」が行なっている

このお米づくりは

 

もしかしたら

現代の「絆」づくりなのかもしれない

 

 

IMG_6983.jpgIMG_3148.jpgIMG_3178.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| - | 2017.10.17 Tuesday 11:50 | trackbacks(0) | pookmark | author : Candle JUNE |

 

火とともに歩む

 

 

 

1994年から始まった歩み

 

20年以上経った今

自分を取り巻く環境は大きく変わった

 

それでも

同じ火を灯す

 

 

始まりから決めている忘れたくない気持ちを取り戻すために

 

 

 

人を殺す火ではなく

 

人を癒す火を灯す

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| - | 2017.10.02 Monday 23:46 | trackbacks(0) | pookmark | author : Candle JUNE |

フジロックピラミッドガーデン

 

 

2016年これまで築き上げてきたピラミッド群は終わりを迎えてしまいました。

 

7年前に日高さんから「JUNE!ピラミッド作れるか?」の一言から始まったピラミッドガーデン。

 

2年間は冬のスキーシーズンのコンテナ出店ベースをうちが補強して、その上にピラミッドを作ってはバラシのいわゆるフェス形式。

 

3年目からはその隣にしっかりとしたベースを作って常設のメインピラミッドを完成。

カフェの外装も手を加えたり、リトルナップコーヒースタンドのハウスを建設したり、スウェットピラミッドを作り、富士の溶岩石でのサウナを始めたり、、、、。

 

常に毎年新しい試みを、そしてより良い空間を!

 

みんなが暮らしているテントサイトエリアなので

ほぼ24時間営業しっぱなしというこのサイトを、信頼できる仲間たちと作ってきました。

 

ステージに出演してくれるのも

他のステージに出演する友人たちにお願いしたり、朝にはYOGAをしてみてはどうかなと友人にお願いしたり、、、。

早朝からコーヒー飲んだり、YOGAしたりしてフジロックに出かけて行って

そして夜に帰ってきたときには「おかえりなさーい!」って迎えるスタッフたち。

 

 

みんなのホームエリアになれたらと、これまでずっと更新作業を続けてきました。

 

フジロック全体からしたら小さなことかもしれませんが、

このピラミッド村を楽しみにしてくれている何人かのお客さんたちに謝ることから今年はスタートです。

 

 

謝りたいんです

 

今年バスを降りて橋を渡ったら、いつもそこにあるはずのピラミッドたちは

もう全部取り壊されてしまっているからそこにないんです。

 

 

たくさん歩くフジロック

デッキの上を歩いたり、ベンチに座って食べたり飲んだりできる

そんなピラミスカフェはもうなくなってしまいました。

 

毎年スウェットピラミッドからフジロックを始めている常連さん

今年もうあのピラミッドはないんです。

 

毎年たくさんのボランティアたちがフジロックのボードウオークの解体と制作を行なっています

みんなの想いが詰まったボードウオークの廃材を使ってピラミッドガーデンは作られていました

 

ボードウオークに書かれていたメッセージも大切にしてきました

 

 

 

なんのお知らせもないまま今年もピラミッドガーデンは売り切れているのだと思います

 

そんな機会も与えられていないので自分のブログで伝えます

 

今年はまたゼロからというかマイナスからのスタートだと思っています

 

いつものピラミッドガーデンを想像してきてくれるお客さんたちに対して

 

がっかりさせない

 

それ以上に前より良くなったねと言われるようにしなければと。

 

 

フジロックが大好きなのは

 

日高さんが

「ステージに出るアーティストが目的じゃないんだよね。フジロックに毎年来たいんだよ!

そんな風に言ってもらえるフェスにしたい」

 

という想いを今現在でも実行していることです

 

 

 

今年、日高さんに「JUNE!新しい森にブルーギャラクシーって感じの森作れるか?!」と言われました

 

 

ここでしか見れない

 

ここでしか感じられない

 

ここでしか出逢えない

 

そんな唯一無二を作り続けている日高さんを尊敬しています

 

 

だから

 

 

「JUNE!

ピラミッド作れるか!」

 

の約束を今年も果たします

 

 

みなさん

ピラミッドガーデンでお待ちしております

 

また帰って来てください

 

そして今年から新しく始まる第二章のピラミッドガーデンへようこそ!!

 

 

 

 

 

CandleJUNE

 

スクリーンショット 2017-07-15 15.08.32.jpg

 

| - | 2017.07.15 Saturday 16:23 | trackbacks(0) | pookmark | author : Candle JUNE |

 

 

自分の国が特別だと思っている

 

 

 

自分が暮らしているこの国が

やっぱり特別だと信じている

 

 

 

福島の事故を受けて

多くの国が原発を廃止しようと決めた

 

 

でもこの国はやめようとしない

 

 

 

 

核兵器禁止条約に多くの国が賛成した

でもこの国は参加すらしない

 

 

 

中国の主席と総理の会談で

北朝鮮の話題になると

 

中国は「もっと会話を」と

 

日本は「もっと北朝鮮には圧力を」

 

 

 

この国はどこに向かっているんだろうか

 

友達は

 

いざ戦争になったら

「子供達を守るために戦うよ」

 

と言う

 

実際はそんな行動を取ってしまうかもしれないね

 

 

それでも

 

殺し合いをして

気持ちよく仲良くなれた国があるかといえばなかなかないという歴史を学べば

 

殺し合いたくはないし

そんな憎しみを残したくもない

 

だったら

 

世界中の核保有国に

 

「いつまでもそんな核兵器をチラつかせてお前たちは黙ってろ!!なんて言う

偽物の平和を気取ってないで、

残ってる全部の核兵器をもう一度日本に落としにこい!!」と言いたい

 

それでも生き残った日本人は立ち上がり

 

平和憲法という武器のみをもち

丸腰で皆さん方に平和というものを説いてまわるだろう

 

 

全ての国が入れる「国連」日本に作ろう

 

全ての国が守るべきモラルを日本人が作ろう

 

 

全ての人が美しいと思える生き方を生きよう

 

 

 

江戸時代前の戦国時代で

本当に戦争が嫌いになったはずのこの国は

 

鎖国明けでちょっと調子に乗ってしまったけど

やっぱり

「平和の民」を選んだんだ

 

 

そう思える

自分の国が大好きだ

 

 

誰かのせいにして終わりではなく

 

自分がそう生きよう

 

 

 

 

 

 

IMG_6837.JPG

 

 

 

 

| - | 2017.07.09 Sunday 14:41 | trackbacks(0) | pookmark | author : Candle JUNE |

ブログを始めた時

自分の言葉を書くことができなかった

 

日記のように書ければいいが

そんなに器用ではなかった

 

 

いつも考えていることは同じで

出て来る想いを伝える言葉は

歳をとっても

たいして増えやしない

 

時折読み返そうともするが

恥ずかしくもなるし

何一つ達成していない自分に腹も立ったりする

 

311震災から7年目

 

熊本地震発生からのバタバタで

未だ緊急事態のままでいる自分と世間との温度差はかろうじて感じている

 

震災前の

空回りしていた原発反対運動を思い出したりする

 

言葉にせず

 

ただ粛々とアクションすることができたら

 

そう思っても

活動を支援してもらえるように

多くの人たちに

言葉を用いて伝えなければならない仕事がある

 

それができなければひたすらに働き

自分でなんとかすればいいだろうと

変わらぬ頑固さが出てきてしまう

 

だからダメなんだろうな

 

反省をアピールすることになってしまう時点で書くのをやめたくなってしまうが

書きたかったことに戻ろう

 

 

熊本や九州でたくさんの水害被害が発生している

現在もまだ危険な状態だ

 

今にも飛んで行ってできることをしたい!

と考えても行けない自分がいる

 

この

4月に熊本でたくさんの仲間たちと共に過ごした

 

6月にも行った

 

地震を

ずいぶん昔のことのように感じてもしまうが

余震は4000回を超えていて

今回の水害被害だ

 

 

311大震災以降もたくさんの台風被害や

そのほかの震災が起きた

 

それら一つ一つに対してアクションすることはできない!と決め付けて

東北に集中していた

 

誠実に向き合い対処していく自信がないからだ

 

でもこれが間違いだったと気付かされた

 

 

311が起きて7年経っても

自分ができたことは少ない

 

6年間集中してきたつもりでも結果はダメだった

 

だとしたら

最後まで面倒みるとか考えずに

今できることをやるだけでもいいんじゃないか

 

そしてもっと人に頼ってもいいんじゃないか

 

 

うまく言葉にはできて来れなかったけど

 

ずっとこれまで灯し続けてきた

 

 

そして

そのともしびの中に

たくさんの人たちの想いが

一緒に灯されてきた

 

その言葉の一つ一つに

勇気をもらい

次の場所へと繋いで来れた

 

 

熊本で灯した火の数は

数えていないが

 

言葉の一つ一つはしっかりと心に刻んでいる

 

 

九州の大変な状況のみなさんのご無事を祈りつつも

今できることを始めます

 

 

 

FullSizeRender 4.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| - | 2017.07.09 Sunday 00:57 | trackbacks(0) | pookmark | author : Candle JUNE |

 

DSC00792.JPG

 

 

震災から6年が経つ

7年目が始まる

 

 

 

震災が起きて

津波が来て原発事故が起きて

ただ毎日やみくもに走り続けて終わった1年

2年目が始まる

 

やれること全部やると言って仮設を巡り続けたけど

何も出来なかったことを福島の人達に誤りそれでも

今年こそやる!と約束し

3年目が始まる

 

 

がんばったつもり

それでも何も変えれなかった

 

ただたくさんの福島の人たちが助けて続けてくれていた一年に感謝した

4年目が始まる

 

多くの人も去りひたすら辛抱強く続ける一年

ぽつぽつと「ずっと何かしたいと思っていたけど何もできていなかったので、、、」

そんな新しい仲間たちが東京でも増えはじめて5年目が始まる

 

 

支援する側される側でない

みんなでつくる「たのしいね うれしいね おいしいね ありがとう!」な月命日

大きな悲しみがあったとしてもみんなで楽しめる11日

6年目が始まる

 

 

自分に”出来ない”ことがあることを知る1年

そしてまた1年

”出来ない”ということを知る

 

うん

 

”出来ない”ことは”出来る”人に頭を下げて何とかする

 

ただ

それでも変えることができない1年があった

 

 

だれのせいにもしたくない

 

後悔はもう

したくはない

 

 

死んだ人達の声を

代弁するのではなく

 

 

今を生きている人達の声を

 

その声を聞いた自分がどう生きるのか

 

そして

そのひとりひとりが孤独を友にして死んでしまわないように

 

 

 

6年目が終わる今

 

たくさんの仲間が11日に一緒にいてくれる

 

自分に”出来ない”ことをしてくれる仲間たちがいてくれる

 

 

だれのせいにもせず

今を生きる仲間たちがいる

 

 

ずっとこころで繰り返す

父の言葉

 

「みんながやさしくなれればいいのにな」

 

 

ずっとこころで言い聞かす

 

 

 

「強くてやさしい人になりたい」

 

 

 

 

 

 

 

| - | 2017.02.12 Sunday 12:01 | trackbacks(0) | pookmark | author : Candle JUNE |

 

 

CIMG1313.JPG

 

 

2011 311以降

ずっと探している

 

 

先生と尊敬できる人を

 

何も考えず

この人の後だけ追っていたら大丈夫

 

この人のやることを手伝ってさえいれば

 

 

そんな人をずっと探している

 

 

たくさんのリーダーたちは

それぞれに批判ばかりで

そして多くの人は時が経てば忘れていく

 

 

6年が経とうとしているが

ずっと自分はあそこから進んではいない

 

 

 

何度も一人で物資を運び続けたあの時

車でかかっていた曲

 

いわき四倉までのあの道を通るたびに

いくつものトンネルをくぐるたびに思い出す

 

 

 

 

朝の光が 待てなくて

眠れない夜もあった

朝の光が 待てなくて

間違ったこともやった

僕が生まれた所が 世界の片隅なのか

誰の上にだって お日様は昇るんだ

 

川の流れの激しさに

足元がふるえている

燃える炎の激しさに

足元がふるえている

僕が今見ているのが 世界の片隅なのか

いくら捜したって そんな所はない

 

うまくいかない時

死にたい時もある

 

世界の真ん中で生きてゆくためには

 

生きるということに

命をかけてみたい

歴史が始まる前

人はケダモノだった

 

 

ブルーハーツの曲

 

 

今は福島に行くたびにたくさんの人が迎えてくれる

穏やかな笑顔

笑い声

再会をよろこぶ

 

 

 

声を大にして言うことはもう何もない

 

声を大にしても届かないことを知った

 

 

みんな静かにそれぞれの生活を続ける

 

慎ましく

 

精一杯

 

 

 

与えられるよりもいつも

 

いつもたくさんの笑顔を忘れない

 

この国を引っ張っていく先生は未だに見つからない

 

 

でも自分の先生は福島に沢山いることを今日改めて知った

 

 

 

毎日、まいにちたくさんの支援者もどきが買い物もせず

仮設商店街にやってくる

 

そんな人達みんなにえがおで頭をさげて

お茶をだして、おかしをだして

 

「ありがとうね!!」って先生たちは迎え続けて来た

 

 

 

2011 311

 

あの時福島が「世界のまんなか」だと思っていた

 

そして

「生きるということに命をかけてみたい」とも

 

 

来年には仮設から

それぞれの家に戻っていくだろう

 

そこにまた遊びにいき、お茶をだしてもらうこと

 

そしてたくさん笑うこと

 

 

 

そこがきっと世界のまんなかなんだろう

 

 

| - | 2016.12.26 Monday 02:16 | trackbacks(0) | pookmark | author : Candle JUNE |

DSC00091.jpg

 

 

 

 

銀杏の葉も落ちた神宮外苑に捧ぐ

 

| - | 2016.12.12 Monday 10:53 | trackbacks(0) | pookmark | author : Candle JUNE |

IMG_1488.JPG

 

 

政治活動には参加しない

 

 

どれほど誠意をもって行動しても

真実を語っても

所詮、自分は”いろもの”

 

 

 

「選挙に行こう!」とも言わない

 

変わらないとは思わないけど

変わったとも思えない

 

 

 

 

 

「もっと酷くなるから!」

 

 

もっと酷くなったとしてもその世界を生きよう

 

 

 

 

 

どの世界?

 

自分の世界を

 

自分の世界を生きる

 

 

自民党の人達の好きな世界

 

創価学会の人達が望む世界

 

まとまらない野党の連中が批判する世界

 

いい加減名前変えたらって思う共産党の世界

 

選挙どころじゃない地震、水害被害真っ只中の世界

 

原発事故の終わらない世界‥‥

 

それぞれの世界

 

 

髪が長く入れ墨が多く角なんか耳に入れてる

自分の

自分の世界はどこだ

 

 

政治活動はしない

 

 

被災地には通い続ける

 

こんな自分が来ることを喜んで待ってくれている人がいるから

 

 

 

三宅洋平に投票することにした

 

みんな選挙で盛り上がっているから早めに済ませようと思った

 

髪を切り

ひげを剃り

綺麗な服を着て訴えたらいいのに

 

”いろもの”として勝負するのではなく

相手の土俵にちゃんと立って喧嘩したら?と

”いろもの”の自分は残念に思う

 

といって

 

三宅洋平の作りたい世界をたいして知らないのに投票する自分もどうかしている

 

政治も選挙も何かおかしい

 

自分の中の現実に繋がらないから

 

 

早くまた熊本に戻りたい

 

月命日の福島でみんなと逢いたい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| - | 2016.06.29 Wednesday 11:18 | trackbacks(0) | pookmark | author : Candle JUNE |