20100411_1188526.jpg

 

 

CIMG1313.JPG

 

 

2011 311以降

ずっと探している

 

 

先生と尊敬できる人を

 

何も考えず

この人の後だけ追っていたら大丈夫

 

この人のやることを手伝ってさえいれば

 

 

そんな人をずっと探している

 

 

たくさんのリーダーたちは

それぞれに批判ばかりで

そして多くの人は時が経てば忘れていく

 

 

6年が経とうとしているが

ずっと自分はあそこから進んではいない

 

 

 

何度も一人で物資を運び続けたあの時

車でかかっていた曲

 

いわき四倉までのあの道を通るたびに

いくつものトンネルをくぐるたびに思い出す

 

 

 

 

朝の光が 待てなくて

眠れない夜もあった

朝の光が 待てなくて

間違ったこともやった

僕が生まれた所が 世界の片隅なのか

誰の上にだって お日様は昇るんだ

 

川の流れの激しさに

足元がふるえている

燃える炎の激しさに

足元がふるえている

僕が今見ているのが 世界の片隅なのか

いくら捜したって そんな所はない

 

うまくいかない時

死にたい時もある

 

世界の真ん中で生きてゆくためには

 

生きるということに

命をかけてみたい

歴史が始まる前

人はケダモノだった

 

 

ブルーハーツの曲

 

 

今は福島に行くたびにたくさんの人が迎えてくれる

穏やかな笑顔

笑い声

再会をよろこぶ

 

 

 

声を大にして言うことはもう何もない

 

声を大にしても届かないことを知った

 

 

みんな静かにそれぞれの生活を続ける

 

慎ましく

 

精一杯

 

 

 

与えられるよりもいつも

 

いつもたくさんの笑顔を忘れない

 

この国を引っ張っていく先生は未だに見つからない

 

 

でも自分の先生は福島に沢山いることを今日改めて知った

 

 

 

毎日、まいにちたくさんの支援者もどきが買い物もせず

仮設商店街にやってくる

 

そんな人達みんなにえがおで頭をさげて

お茶をだして、おかしをだして

 

「ありがとうね!!」って先生たちは迎え続けて来た

 

 

 

2011 311

 

あの時福島が「世界のまんなか」だと思っていた

 

そして

「生きるということに命をかけてみたい」とも

 

 

来年には仮設から

それぞれの家に戻っていくだろう

 

そこにまた遊びにいき、お茶をだしてもらうこと

 

そしてたくさん笑うこと

 

 

 

そこがきっと世界のまんなかなんだろう

 

 

| - | 2016.12.26 Monday 02:16 | trackbacks(0) | pookmark | author : Candle JUNE |
<< 火を灯すという仕事 | トップページ | 2017年2月11日 >>

この記事のトラックバックURL
http://candlejune.jugem.jp/trackback/122
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
PROFILE