20100411_1188526.jpg

 福島県楢葉町の子供たちとキャンドルを作ってきました

震災から4年となりますが未だに楢葉町のみなさんは避難生活が続いています
津波の記憶はなく
楢葉町で育った記憶もない子供たちもここにはいて
それぞれの未来の夢を書いてくれました


震災ではなく原災です

そろそろみなさんに言い直してもらいたい言葉です

震災から3年も経てば普通はもとの家に帰れたりまたは家を建て直そうかともなるはずです

原発周辺地域のみなさんは
ずっと帰ることができず
この先も見えない避難生活を過ごしています

どれだけの不安が

どれほどの孤独や
やるせなさが
日々襲っているのかはわかりません

が懸命に
そして笑顔で福島の大人たちはがんばって子供たちと向き合っています


子供たちは将来の夢を笑顔で語ってくれました


じゅんじゅん一緒にあそぼー!
鬼ごっこしよー

かくれんぼしよーよ!



給食にでた海老フライを丸ごと食べたら

じゅんじゅんしっぽも食べれるの?
と言って一生懸命残さず食べていました

笑顔いっぱいで遊び
たくさん食べてと
うちの子供となにも変わることはありません

この子たちの今大変なことは何だろうか

この子達の将来の大変なことはなんだろうか

そして今そのためにできることはなんであろうか

3月11日に福島で火をともします

こどもたちの夢がかなうようにと願って灯します


_0026943.JPG




| - | 2015.02.14 Saturday 01:07 | trackbacks(0) | pookmark | author : Candle JUNE |
<< それぞれの人生 | トップページ | 2015,6,11 >>

この記事のトラックバックURL
http://candlejune.jugem.jp/trackback/109
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
PROFILE