20100411_1188526.jpg




 2014今年最後の月命日

多くの幼稚園生を前に
謝りました

震災から原発事故がおき
福島に通う日々の中、子供たちを前にした時は謝ることから始めました

自分なりの原発反対運動をしてきていたが
実際事故が起き福島に物資を運び始めた頃に反省しました

かっこつけた原発反対運動だった
もっと本気でやってればよかったと

反省した

一年経った時も謝りました

原発反対派は
「福島を見ろ!だから他の原発を止めろ」と国会前に集っている

自分からしたら
原発反対派が原発の危険性を一番知っていたはず
事故が起きてしまった福島を一番救わなければいけないのは原発反対派

福島の人は言う

「他の原発止めたいのはわかるけど
福島大変なんですけど」

「反対派は”福島は危険だ!住める所じゃない!”っていうけど
どうすればいいの?」

なんとかしたいってがんばったつもりだけど出来なかったことばかりだったから謝った



2年目も謝った

福島県民同士の衝突を見たり聞いたりし始めた

補償をもらえる人たち
なにももらえないけど風評被害はしっかりと受けた人達

あの時に比べたらたしかに数値は低いからと気にしないようになる人

未だに気にして県外から食料を取り寄せる人

なにも悪いことしていない福島の人たち同士で衝突する

世間では
震災ひとくくりで
「避難者もそろそろ自立を!」と言われ始める

震災ではなく原災のはずなのに



3年目


やはり謝った

でもそれ以上の「ありがとう」を言った

福島で毎年むかえる3/11に
気がつけば
以前からの友人の数よりも
多くの
福島の仲間たちが集り、ともに福島のための火をともしていた




多くの人は

「ボランティアはまず自分の家族があってのはなし

人助けよりまず自分の家族を大切にしなよ」

と言う



飛んでくる空気は?

飲み物は?食べ物は?

安全でないものが溢れたとき

どうやって家族を守るというのだろう




多くの人は言う

「まさかそこまで酷いことなんてないでしょう」


みんな
自分が当事者になるとは思ってはいない


なにかしらの被害者、被災者、当事者になってはじめて
社会の不条理を味わうことになる


その時に本当に”家族”が助けてくれるのだろうか?

家族を守れるのだろうか?

家族とは
血のつながりのみのことなのだろうか?



この4年近く
東北と東京を何度も往復した
泊まることはほとんどなく
家族のもとから出発し
そして家族のもとに帰った


きっと子供たちはもっともっと父親と一緒にいたいはず


でもこれからも

この旅は続ける



それが家族のためだから



当たり前の毎日ではない我が家は

ひとつひとつの出来事がとても大切なことになる

たまにしか遊べない時間も

いっしょにごはんを食べることも

ひとつひとつがとても大切なこと



この4年近く

たくさんの東北の家族と出会って来た

それぞれが特別な毎日を過ごし

一日、一日を大切に必死に生きている


津波で亡くした家族のためにも

必死に生きている人達


あまりにも酷い世界を見すぎたから

生き方を変えた人もたくさんいた



避難中に家族を亡くした人も


福島で
ちいさな子供がいる家族とたくさん出会って来た

大変だった避難生活や現状の苦しみを聞いて来たが

みんなが気にするのは子供たちの将来


結婚できるのかな

子供産めるのかな

いじめられないかな



そんな話を涙とともに受け止めた


これは
自分の子供達と同じ世代のはなしだ

いずれ
トモダチになったり
つき合ったり結婚するかもしれない同じ世代のこどもたち




自分の子供が大きくなったときに

311のことや福島のこと原災のことを聞かれた時になんて答えられるのだろう



極端かもしれないが

戦争を体験した祖父達に

あの時おじいちゃんはなにをしていたの?と

戦争反対!!ってしてた?

それとも
家族を守るためにに戦ってたの?


いったいなんて答えが正解なのだろうか



そして自分は原災のことを
なんて答えられるんだろうか


そう思うと
自分は
家族のために
これからも旅を続ける


人のせいにしたくはないし

いつか子供たちが
今の背丈よりももっと高い所から社会を見た時に
ちゃんと311のことを話せるように


そして
何より

家族と言える仲間たちが毎月一緒に活動してくれ

家族と言える福島の仲間たちが毎月集ってくれるから

これからもこの旅は続ける



_0025167.JPG







| - | 2014.12.15 Monday 00:57 | trackbacks(0) | pookmark | author : Candle JUNE |
 


戦争が起こる前の時のようだ


最近よくこういった言葉を目にする



今よりもっと
ガチガチの世界で
みんなが国の言う事を聞かなければ生きれない

厳しい世界

そう思っていた



戦争を知らない世代

そのことに誇りをもち

どこかで
戦争していた時代の大人全員に戦争責任があると思っていた

戦争反対運動をして刑務所に入っていた人だけが正しかったと

極端なことかもしれないけれど
白と黒
はっきりとすべきだと思っていた




被災地支援をしていると

人のこともいいけどまず家族でしょう
とよく言われる

自分が家族とどう生きているかも知らず


家族を食わせていかないとと言って
活動をやめる人もいる


それぞれが

家族を守るために



それは
戦争をしている兵士達も言う

それぞれの家族を守るためにと



戦争していた時代は厳しくて狂った世界

そう思っていた



でも
もしかしたら今みたいに
それぞれが自分や家族のことで精一杯
あとのことには無関心


そしてまさかそんな酷いことにはならないだろう


狂った世界になったとしても

自分が被害者にはならないだろうと思うのだと

そして被害者になったとたんに国を責めるんだろう




戦争していたあの時と今は

それほど変わらないのかもしれない


高齢者たちが声を上げている
あの頃を知っている人達

あの頃声をあげれなかった子供たちも




被害者や被災者の気持ちはなってみないとわからない


加害者はどうなのだろうか


白とも黒とも言わないものは限りなく加害者だと思っている



今度また選挙がある

一票のチカラは小さいが選挙に行く

そして
自分は民主党に入れる

民主党がいいとは決して思わない


それでも
今のままではいやだから
野党民主党に入れる



野党の人達
いつまでもそれぞれが主張し自分のほうが正しいとか見せたいのか

そんなに政党が大事なのか


アーティストはオンリーワンでいい

政治の世界は
数の世界

政治家は
夢を語り
政治家の中で
多くの仲間をつくることが大切なはず


東北でよく聞く表現

自民党は仕事をつくる
民主党は自民党批判ばかり

批判ではなく国づくりをするために
まとまってほしいという願いもこめて選挙に行くんだ


とてもちいさなことだけど
このひとつが

新しい世代を作る一歩にしたい

時間はかかるかもしれないが
あの頃とは違う

戦争を終わらせた世代

というものになるために


IMG_1612.JPG














| - | 2014.12.08 Monday 01:24 | trackbacks(0) | pookmark | author : Candle JUNE |
 




悲しみがいっぱいとなり
涙にして流すこともできず


もう生きる事を終わりにしたい



憎しみがあふれ
どこにもぶつけることができず
どうすることもできない


もう終わりにしたい




誰かに悩みを打ち明けてみても

やはり
だれにも理解されないとあらためて気づかされただけ


そして
しずかに
終わりを考えている




あなたたちにかける言葉を知らない





自分もそのなかの一人だ

自分もかつてそうだった


そんな言葉ともちがう





ただ

長い夜をひたすらに絶えてほしいと願う


多くの人が当たり前に寝ている夜を


もしかしたら
自分を苦しめている人が幸せな夢を見ているかもしれない夜を


もしかしたら同じように苦しみ眠れないでいる人がいる夜を


悩み苦しむ事が当たり前ではない事だと知れる夜を



そして

最後の朝日がどんな朝日だったのかをいつか出逢った時に教えてほしい




たくさんの眠らない夜をすごし

自分の

”生きる”

のための火を灯して来た




震災が起きてからは

何度も
深い夜とともに車で東北へ走った

津波でぐしゃぐしゃになった場所でみた朝日
海の音しか聞こえない暗闇の海で夜を過ごした



誰のいう事も信じない


神様もいない



何度も特別な夜を過ごせば

深い雲に覆われたままの朝やもちろん雨の日もある



自分がどんな夜を生きたか

それに答えをくれるのが朝


今日という特別な一日を生きたのか?と夜は問う



こんな特別な夜を過ごしたお前は
今日という一日を特別な一日にしろと太陽は言う

夜中泣いたお前の涙はまだ足りないから
もっともっと泣いてやるぞと雨の朝は泣いてくれる



どんなに孤独だと感じていても

空をみたらいつでも
答えをくれる


同じ空でもそれぞれにきっと感じ方はちがうはず


どんなに悲しい事があったとしても

夜に終わりにしないでほしい


最後に最高の朝日をみてほしい


どんな人の言葉よりもきっと

暖かいものだと思うから






最近の東北の自分の朝は


「生きるという事は素敵だな」


と言っていてくれている




_0024859.JPG

| - | 2014.11.21 Friday 01:43 | trackbacks(0) | pookmark | author : Candle JUNE |
 


_0024599.JPG




| - | 2014.11.08 Saturday 00:53 | trackbacks(0) | pookmark | author : Candle JUNE |
 

_0023756.jpg

_0023755.JPG






_0023731.JPG
| - | 2014.10.01 Wednesday 08:50 | trackbacks(0) | pookmark | author : Candle JUNE |
 

   いつまでも
悲しみを口にするものではない


後戻りするものはこの世にひとつもありはしない

  失敗はいい
その失敗から学んではじめて成功が生まれる



    気をつけろ

いつまでも失敗し続けさせて儲けようとする人達がいる


本当の喜びは悲しみを学んだ先にある


いつまでも悲しみを口にするものではない

  いつか自分はこの世からいなくなる



DSC_5405.jpg







| - | 2014.09.27 Saturday 09:24 | trackbacks(0) | pookmark | author : Candle JUNE |
 


P8032082.JPG





| - | 2014.06.07 Saturday 00:19 | trackbacks(0) | pookmark | author : Candle JUNE |
 


P2237395.JPG






| - | 2014.05.20 Tuesday 16:11 | trackbacks(0) | pookmark | author : Candle JUNE |
P4048430.JPG



 Her green plastic watering can

For her fake Chinese rubber plant

In the fake plastic earth

That she bought from a rubber man

In a town full of rubber plans

To get rid of itself

 

It wears her out, it wears her out

It wears her out, it wears her out

 

She lives with a broken man

A cracked polystyrene man

Who just crumbles and burns

He used to do surgery

For girls in the eighties

But gravity always wins

 

It wears him out, it wears him out

It wears him out, it wears him out

 

She looks like the real thing

She tastes like the real thing

My fake plastic love

But I can't help the feeling

I could blow through the ceiling

If I just turn and run

 

It wears me out, it wears me out

It wears me out, it wears me out

 

If I could be who you wanted

If I could be who you wanted all the time


( RadioHead  Fake Plastic  trees)

_0020963.JPG

| - | 2014.04.30 Wednesday 12:57 | trackbacks(0) | pookmark | author : Candle JUNE |
 _0020712.JPG



| - | 2014.04.15 Tuesday 00:31 | trackbacks(0) | pookmark | author : Candle JUNE |